オススメリンク

アーカイブ

看護師

日本女性の閉経の平均は50歳ごろです。
その前後の10年ほどを更年期と呼びます。
この時期には、さまざまな更年期障害が現れることがあります。
主なものは、ホットフラッシュというのぼせやほてりの症状、肩こりや腰痛、動悸や息切れなどです。
また、わけもなくイライラしたり、やる気が起きずにうつ状態になるなどの心の症状も出てきます。
気をつけなければならないのは、こうした症状がすべて更年期障害とは限らず他の病気の可能性もあることです。
たとえば、腰痛は更年期ごろから現れてくる骨粗しょう症の可能性がありますし、動悸は呼吸器系や心臓を原因とする病気でも出てきます。
自己判断せず、まずは医療機関を受診してみることが大切です。

改善できる所

更年期障害の原因は、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少することです。
エストロゲンは体のさまざまな働きを担っているため、減少すると体の不調を招き、自律神経のバランスが乱れてしまいます。
更年期障害を改善するためには、サプリを摂取するのもひとつの方法です。
エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンや、ザクロの成分を含んだサプリは、更年期のつらい症状を緩和します。
また、血行を良くするビタミンEなどの成分を配合したサプリなら、ホットフラッシュを軽減する効果があります。
ホルモンバランスを整える亜鉛や、骨粗しょう症を予防するカルシウムの入ったサプリも役に立つでしょう。
自分に合った栄養素を補うことで、更年期も生き生きと過ごすことができます。

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031